導入する

 

様々なMEO業者がいる中なぜLimがここまでダントツなのかをご説明します。大きな理由は3つあります。

❶HKFS(隠れたキーワードを見つけ出す)システムを弊社は持ちます。例えば「表参道カフェ」といキーワードが月間12,000回ほど検索されていることは他の業者でも分かります。このビッグワードはすでに大手や強い競合がとっていることが予想されるため上位表示には莫大な時間がかかります。そしてこのビッグワードを狙ったとしても上位20位以下の表示結果になるためリーチ数は約3%である360リーチ以下程度しか獲得できません。一方弊社では「表参道カフェ」ではなく表参道カフェを検索している人が他にもどういう風に検索をしているかを分析します。これが隠れたキーワードです。弊社人工知能がそれを「表参道おしゃれカフェ」や「表参道カフェ 深夜」であるということを見つけ出します。そしてこのような「スモールミドルワード」はあまり見つけにくいのです。しかし「表参道おしゃれカフェ」は月間2000回程度の検索ボリュームと小さいですが上記で説明した【KWDS】の結果上位10位以内の表示獲得可能性が高いと判断しました。10位に入った場合68%程度にリーチができるため1360リーチの獲得に繋がることを予測します。この時点で「表参道カフェ」を狙うよりも「表参道おしゃれカフェ」を狙う方が効率的なことが分かります。

SEOMEO

導入する

 

❷他の業者はこの「ビッグワード」という検索ボリュームがビッグなワードを御社へ提案するでしょう。「月間数万人の目的意識が高い人が検索してるのでぜひ御社がここにでれば安泰です!」などと甘いワードで。なぜならこのキーワードを狙えば上位表示には莫大な時間がかかり夢だけを見させて契約を長引かせられるからです。または「表示されたら払う」という成果報酬型の提案をする業者もあるでしょう。しかしこの場合「3つのキーワードのうちどれかが表示されたら金額が発生」というような契約内容で、その3つのキーワードには「表参道カフェ Limカフェ」などと自分のお店の名前までキーワードに含む業者がいるでしょう。これはスーパースモールワードで誰でも何もしなくても上位表示されます。このようにな料金体系になっているので気をつけましょう。MEOやsEoはノウハウが未知のため詐欺まがいな業者が横行する業界でもあります。

導入する